NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

高度なトラフィック管理で実現する強靭なKubernetesプラットフォーム

このブログでは、トラフィック制御とトラフィック分割(レート制限、サーキットブレーカー、デバッグルーティング、A/Bテスト、カナリア・ブルーグリーンデプロイメント)などの高度なトラフィック管理によって、セキュアで堅牢なKubernetesアプリケーションの構築を実現する方法、そしてNGINXがこれらをどう実現するかについて紹介します。

SUSE RancherとNGINXで、Kubernetes環境のデプロイを簡素化し、さらにセキュリティを強化する連携ソリューション

Kubernetesが非常に優れたプラットフォームであることは既にご存じかと思います。本ブログでは、コンテナ管理プラットフォームであるSUSE-RancherとNGINX Ingress Controller, NGINX App Protectとの連携による、コンテナアプリケーションのセキュリティ・スケーリングの強化についてご紹介します。

サービスメッシュの選び方

近年、アプリケーションのマイクロサービス化やコンテナ化が進むのに伴い、サービスメッシュの導入も検討段階から本格採用へとステージが進みつつあります。CloudNative Computing Foundationの2020年調査レポートで報告されているクラウドネイティブ技術に関する現状や動向などをもとに、本ブログではサービスメッシュの選び方、NGINXの活用の仕方についてご説明します。

NGINXオープンソースとNGINX Plusのインスタンスをまとめてトラッキング、管理、設定可能にするNGINX Instance Managerのご紹介

NGINX Instance Managerは、すべてのインスタンスを把握し、それらが最新の構成、セキュリティ設定になっているかを容易に確認することができます。NGINXをすでによくご存じの方や活用されているアプリケーションの開発者やDevOpsチームに最適な管理ツールです。この記事では、NGINX Instance Managerがどのように便利な機能性を備えているか解説していきます。

NGINXとは? NGINXとNGINX Plusを徹底解説します

NGINX Plusは、オープンソース版のNGINXに様々な機能を拡張し搭載した商用版ソフトウェアです。本特集では、NGINX(オープンソース版)とNGINX Plusの違いなど、そもそもNGINXがどのようなソフトウェアであるのか機能差を実際の設定例とともに紹介していきます。

NGINX Plus 新バージョンR23の紹介

NGINX Plusの最新バージョン23(R23)がこの度リリースされました。NGINX Plusは、NGINXオープンソースに基づいており、ソフトウェアロードバランサー、リバースプロキシ、およびAPIゲートウェイを提供する唯一の製品です。

無料のサービスメッシュ「NGINX Service Mesh」

NGINX Plusをデータプレーンとして利用してKubernetes環境のコンテナトラフィックを管理する、完全統合型の軽量サービスメッシュ「NGINX Service Mesh(NSM)」の開発版を発表します。NSMは現在無料でダウンロードできますので、開発・テスト環境で、ぜひNSMをお試しください。皆様からのGitHubへのフィードバック投稿をお待ちしています。

KubernetesでNGINXIngress Controllerを使うメリットとは

Kubernetes環境でNGINXと一緒に実行されるNGINX Ingress Controller for Kubernetesにより、サーバクラスタで均等に稼働するようにコンテナを自動的にスケジューリングし、開発者や運用者の複雑なタスクを削減します。

Amazonクラウドでの最適なロードバランサーの選択

AWS Application Load Balancer (ALB)とNGINXオープンソース、レイヤー7リバースプロキシとロードバランサとしてのNGINX Plusの比較情報をまとめました。機能やトラフィックスパイク処理、価格についてなどさまざまな観点で比較を行いました。

APIのセキュリティが重要な理由とは

【NGINX技術ブログ】本ブログでは設計からデリバリーに至る開発工程で、WAF、ボット保護、API管理ソリューション、 APIゲートウェイを利用することで、いかにAPIのセキュリティを保護していくか説明します。

俊敏な境界型セキュリティをNGINX App Protectが実現

アプリケーションを保護する上で、イントラネットの周囲にセキュリティ境界を確立することはもはや十分な対策といえなくなりました。今回はアプリケーション単位で周囲に境界を確立するNGINX App Protectの設定方法を解説します。

【APIソリューション徹底比較】NGINX VS Kong Cloud VS Amazon API Gateway

独立系の技術調査会社GigaOmは、NGINXとその他複数のAPI管理ソリューションのパフォーマンスを比較しました。リアルタイムでAPIをデリバリーする上で、唯一有効なソリューションとしてNGINXを検証しています。完全版レポートがダウンロード可能。

QUICおよびHTTP/3対応のNGINXプレリリース版のご紹介

相互運用性テスト、フィードバック、コード提供のために利用可能なプレリリースソフトウェアとして、QUIC+HTTP/3 for NGINXのテクノロジープレビュー版を発表。HTTP/3はTCPをQUICに置き換え、より信頼性の高い多重接続をサポートするよう設計されています。

Dockerを使用したNGINXとNGINX Plusのデプロイ

分散型アプリケーションに必要となる機能を満たした上で、機能開発を継続的にリアルタイムで行うため、Docker HubリポジトリからNGINXイメージを使用する方法と、 DockerコンテナにNGINXを簡単にデプロイするためのNGINX Plusイメージ作成方法を解説します。

高度なアプリケーションセキュリティ新製品のご紹介

NGINX App Protectは、高度なF5のWAFテクノロジーとNGINX Plusのアジリティおよび高いパフォーマンスを組み合わせた新しいアプリケーションセキュリティソリューションです。このソリューションは、最新のDevOps環境が直面する最も困難な課題を解決します。

NGINX Ingress Controller for Kubernetes 1.7.0のリリースを発表

Kubernetes向けNGINX Ingress Controllerリリース1.7.0には、 Red Hat OpenShift Operatorの認証、 TCP, UDP, TCPパススルーロードバランシングのサポート、サーキットブレーカの実装、 NGINX Ingressリソース検証とレポート機能改善などが含まれています。

Red HatとNGINX連携の価値・メリットとは?

NGINXとRedhatはあらゆる環境で安全でスケーラブルなアプリケーション配信を実現すべく、協力関係を深めています。今回はエンタープライズクラスのKubernetes、リリースサイクル短縮、セキュアなアプリケーションのための統合ソリューションをご紹介します。

  • 1
  • 2