NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

今まさにNGINX Plusサーバで何が起こっているのかを知る必要性はありませんでしたか? たとえば、DDoS攻撃が疑われるときや、ユーザがWebサイトからエラーを報告してるかの確認などです。NGINX Plusには、主要な負荷とパフォーマンスの指標をリアルタイムに提供するアクティビティ モニタリング インターフェイスが組み込まれています。シンプルなRESTful JSONインターフェイスを使用することにより、これらの統計データをライブ ダッシュボードやサードパーティ製モニタリング ツールに簡単に接続できます。

NGINX Plusダッシュボードは、アプリケーションのパフォーマンスに関するきわめて重要なインサイトを提供します(ライブデモ)。

ライブ アクティビティ モニタリングのデータは、NGINX Plus APIによって生成されます。ライブ アクティビティのモニタリングは次のようにして構成できます。

server {
    listen 8080;

    location /api {
        api write=on;
        # directives limiting access to the API
    }

    location = /dashboard.html {
        root   /usr/share/nginx/html;
    }

    # Redirect requests made to the pre-NGINX Plus API dashboard
    location = /status.html {
        return 301 /dashboard.html;
    }
}

APIを使用してアップストリーム グループを再構成したり、収集された統計のセットをクリアしたりするには、write=onパラメータが必要です。ステータス情報を取得する必要はありません。

/apiの場所へのアクセスを制限することが推奨されます。NGINX Plus Admin Guideに、適切なセキュリティ スキームについて詳しく説明されています。

詳細 – ライブ アクティビティ モニタリングのJSONフィード

APIにアクセスすると、現在の統計データを含むJSON形式のドキュメントがNGINX Plusから返されます。/api/api-version/から完全な統計データをリクエストできます(api-versionはNGINX Plus APIのバージョン番号)。次のように、特定のAPIエンドポイントでドリルダウンしてデータのサブセットや単一のデータポイントを取得することもできます。

  • /api/api-version/nginx/ – 基本バージョン、稼働時間、識別情報
  • /api/api-version/connections/ – アクティブな接続とアイドル状態の接続の合計
  • /api/api-version/http/caches/ – 名前付きキャッシュゾーンごとのインストルメンテーション
  • /api/api-version/http/server_zones/ – HTTP ステータスゾーンごとのリクエスト数とレスポンス数
  • /api/api-version/http/upstreams/ – 各HTTPアップストリーム グループのサーバごとのリクエスト数とレスポンス数、応答時間、ヘルスチェックのステータス、稼働時間の統計データ
  • /api/api-version/limit_conns/ – 通過した接続、拒否した接続、遅延した接続の数を示すレート制限統計データ
  • /api/api-version/limit_reqs/ – 通過したリクエスト、拒否したリクエスト、遅延したリクエストの数を示すレート制限統計データ
  • /api/api-version/stream/upstreams/ – 各TCP/UDPアップストリーム グループのサーバごとのリクエスト数とレスポンス数、応答時間、ヘルスチェックスのテータス、稼働時間の統計データ
  • /api/api-version/ssl/ – SSL/TLSの統計データ

すべてのエンドポイントの一覧については、リファレンス マニュアルまたはSwagger UI(demo.nginx.com)をご覧ください。

外部モニタリング

任意の外部モニタリング ツールにNGINX Plusの指標をエクスポートすることもできます。NGINX Plusは、以下のような一般的なサードパーティ ツールやNGINXツールと統合できます。