NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

ハイブリッドロードバランシングとは、クライアントのリクエストを、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドといったさまざまな環境で動作する一連のサーバプリケーションに分配することです。ハイブリッドロードバランシングは、コンテンツがどこに置かれているかに関わらず、コンテンツ配信の信頼性、スピード、コスト効率を最大化し、最適なユーザ体験を実現します。

ロードバランサーに関する一般的な情報については、「ハードウェアロードバランサーと比べ、80%のコスト節約」をご覧ください。

今日、多くの企業がアプリケーションをオンプレミスサーバからパブリッククラウドに移行し、コスト削減や需要に応じた拡張のしやすさなどのメリットを享受しています。しかし、完全な移行は通常一夜にして行われるものではなく、また、クラウドがすべてのアプリケーションに適しているわけでもないため、企業はオンプレミスとクラウドのアプリケーションを混在させて管理しなければならないことが多くあります。例えば、社内のITチームがオンプレミスでインストール・管理しているOutlookのメールサーバを使用しながら、顧客情報はSalesforce.comなどのクラウドベースのCRMで管理し、EコマースストアはAmazon Web Servicesでホストしているような企業もあるでしょう。ハイブリッドロードバランシング ソリューションでは、ユーザは単一のエントリーポイントからアプリケーションにアクセスするだけで、ロードバランサーが様々な場所のトラフィックを識別して分散します。

さらにプライベートクラウドに投資している企業は、3つのリソースロケーションでロードバランシングを行う必要があるため、さらに複雑な状況に直面しています。プライベートクラウドは、パブリッククラウドと同様に、クラウドベンダーがオフサイトでホストする仮想データセンターです。パブリッククラウドとは異なり、プライベートクラウドでは、クラウドベンダーの他の顧客と共有されない専用のストレージとコンピューティングパワーが保証されています。

ハイブリッドロードバランシング ソリューションを使用すると、企業は、オンプレミスサーバ、プライベートクラウド、パブリッククラウド間でトラフィックをシームレスに分散させ、すべてのリクエストが最も適したリソースで満たされるようにすることができます。ロードバランシングの決定は、以下のような要素に基づいて行われます。

  • ロケーション – パブリッククラウドのリソースは、多国籍企業のオンプレミスやプライベートクラウドのリソースと同様に、ほとんどの場合、地理的に分散しています。最も近いサーバにユーザを接続することで、ネットワークの遅延を減らし、ローカライズされたコンテンツ(例えば、サーバがある国の言語で書かれたテキスト)を配信することができます。
  • リクエストタイプ – ハイブリッドロードバランシング ソリューションは、ビデオ、画像、価格や在庫情報などのアプリケーションデータなど、さまざまなタイプのコンテンツに対するリクエストを、そのタイプのコンテンツをホストするサーバに転送することができます。コンテンツに合わせて最適化された専用サーバを使用することで、同じコンテンツを各拠点で複製する必要がなくなります。
  • ビジネスバリュー – 戦略的に重要な顧客からのリクエストや、収益につながる可能性の高いリクエストは、最速で信頼性の高い専用サーバに転送し、価値の低いリクエストはより低コストのリソースに転送することができます。
  • セキュリティ – 企業は、機密データをプライベートクラウドまたはオンサイトでホスティングすることで、機密データの管理を最大限に維持することができ、一方で、制限の少ないデータをパブリッククラウドに保存することでコストを削減することができます。
  • コスト – 専用リソースとクラウドリソースの間でハイブリッドロードバランシングを行うことで、企業は最もコスト効率の高い方法でユーザに最適なエクスペリエンスを提供することができます。

ハードウェアvsソフトウェアのロードバランシング

従来のロードバランサーは、データセンターに設置された専用のハードウェアに依存しており、入手、維持、アップグレードに手間や費用がかかります。ソフトウェアベースのロードバランサーは、一般的な汎用ハードウェア上で動作するため、ハードウェアベースのソリューションと同等のパフォーマンスと信頼性を実現しつつ、はるかに低いコストで実現することができます。

ほとんどの企業はベストプラクティスに基づき、ロードバランサーを、ロードバランシングを行うリソースと同じ環境に導入しています。データセンターで実行されるアプリケーションはオンプレミスで、クラウドでホストされるアプリケーションはクラウドで。クラウドインフラベンダーは通常、自社の環境に顧客のハードウェアや独自のハードウェアを導入することを認めていないため、構内にハードウェアのロードバランサーを導入している企業でも、クラウドリソースにはソフトウェアのロードバランサーを使用する必要があります。そのため、IT担当者は2つの異なるロードバランシングソリューションを理解し、維持する必要があります。これに対し、NGINXやNGINX Plusのような同じソフトウェアベースのロードバランサーソリューションは、オンプレミスとクラウドの両方に導入することができ、運用の複雑さやコスト、アプリケーションの開発・導入にかかる時間を削減することができます。

NGINX Plusはどのように役立ちますか?

NGINX PlusとNGINXは、クラス最高のロードバランシングソリューションであり、Dropbox、Netflix、Zyngaなどの高トラフィックのWebサイトで使用されています。世界中で4.5億以上のWebサイトがNGINX PlusとNGINX Open Sourceを利用しており、迅速かつ確実で安全なコンテンツのデリバリーを実現しています。

ソフトウェアロードバランサーであるNGINX Plusは、同様の機能を持つハードウェアソリューションに比べてはるかに低価格です。さらに、Amazon Elastic Cloud Compute (EC2)などのクラウドインフラストラクチャに簡単に導入することができ、パブリッククラウド上のリソースと、オンプレミスやプライベートクラウドのリソースとの間でロードバランスをとることができます。

アプリケーションのロードバランシングにNGINX Plusを活用するメリットについて詳しく知りたい方は、当社EBOOK「ロードバランシングをソフトウェアに切り替える5つの理由」をダウンロードの上、詳細をご覧ください。