NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

セッションパーシステンスとは、タスクやトランザクションを完了するために必要な「セッション」の期間の中で、クライアントのリクエストをバックエンドの同じWebサーバまたはアプリケーションサーバに送ることです。

高トラフィックのWebサイトでは、何十万または何百万ものユーザを高速かつ信頼性の高い方法でサポートする必要があります。IT組織は、サーバを「サーバファーム」と呼ばれるグループにまとめることで、このように大規模な処理をサポートします。ロードバランサーは、サーバグループの前に配置され、最大限の効率化によって個別のサーバにトラフィックを誘導します。

たとえば、ユーザがWebサイトを5分間閲覧する場合には、おそらく複数のバックエンドサーバから情報を取得するでしょう。Webブラウザやバックエンドサーバは、ユーザがより迅速に次のアクションを行えるように、情報を保存してWebエクスペリエンスを向上させようとしまが、毎回同じサーバにアクセスしないと、問題が発生することがあります。このような場合、ユーザのすべてのリクエストが同じサーバに送られることが重要であり、必須ではありません。

パフォーマンスを向上させるために、バックエンドサーバは、ユーザがリクエストしたデータをキャッシュしたり、ユーザがリクエストすると思われる追加情報を事前にキャッシュしたりします。サイズが大きなドキュメントのダウンロードなど、ユーザにとっては1つのリクエストでも、実際には複数のリクエスト/レスポンスのトランザクションとして、クライアント/サーバ間で分解・送信されることがよくあります。要求した情報をユーザが受け取るための最も効率的な方法は、その情報をすでにキャッシュしているサーバにアクセスすることです。

また、フォームへの入力、製品の購入、アカウントのアップグレードなど、複数のステップを必要とするトランザクションを行う場合を考えてみましょう。クライアントとサーバのデータ交換では、トランザクションを円滑に進めるために、コンテキストと呼ばれるセッションの状態情報を保存する必要があります。このような場合、セッションパーシステンスによって、トランザクションを非常に簡単に完了できるようになります。

ロードバランサーやアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)は、サーバグループの前に配置され、必要な期間中に特定のサーバにユーザセッションを結びつけるロジックを実装します。

NGINX Plusはどのように役立ちますか?

NGINX PlusとNGINXは、クラス最高のロードバランシングソリューションであり、Dropbox、Netflix、Zyngaなどの高トラフィックのWebサイトで使用されています。世界中で4.5億以上のWebサイトがNGINX PlusとNGINX Open Sourceを利用しており、迅速かつ確実で安全なコンテンツのデリバリーを実現しています。

ソフトウェアベースのロードバランサーであるNGINX Plusは、同様の機能を持つハードウェアベースのソリューションに比べて、はるかに低いコストで利用できます。NGINXは、Cookiesやスティッキールートの使用といった、いくつかの方法によりセッションパーシステンスをネイティブに管理します。