NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

ウェビナー(録画)を
視聴する

ご登録いただいた方には、F5/NGINXからイベントのご案内などを送らせていただきます。
なお、本Webサイトを通じてご提供いただく氏名・住所・電話番号・電子メールアドレス等の個人情報については、弊社のプライバシー・ポリシーに従って取り扱います。本Webサイトを通じて個人情報を提供された方は、弊社のプライバシー・ポリシーに同意したものとしてみなします。 ご了承ください。

ご記入頂きました個人情報はF5ネットワークスの個人情報保護方針に沿って、適切に管理いたします。

このセミナーでの主な内容:

  • icon

    IoTとは?

  • icon

    IoT基盤で役立つNGINXとは?

  • icon

    サービス間通信に使われるgRPCとは?

  • icon

    活用事例

オンラインセミナー概要

センサーや通信機能を持ったモノ達が情報交換し自律的な制御まで実現できるIoT。
今や、家電から自動車、産業機器、物流業界いたるまで、異なるマシン上で動作するサービス間で情報をやりとりすることが、あらゆるビジネス形態で重要なテクノロジーとなっています。

デバイスや通信、制御の方法等、用途に応じて様々なテクノロジーが用いられますが、ポイントはセンサーなどリソースの限られたデバイスや環境で、いかに省力で安定した通信を実現するか。その技術の選択により、その後のIoTインフラ基盤の拡張性や柔軟性、そして管理性、さらにはビジネスの拡大や将来性に応じたサービスのデザインにまで影響が出てきてしまいます。

まだまだ将来的な成長や新たなビジネスへの展開などが期待されるIoTビジネスにおいて、省力で安定しさらに柔軟性と拡張性のある基盤を構築するためのテクノロジーの選定は、今後の成功のカギを握っているといっても過言ではありません。

高速・軽量なWebサーバとして世界中のサイト、主な大手サイトで数多く使われているNGINXは、ロードバランサー、APIゲートウェイ、キャッシュ、WAFなどトラフィックの制御に必要な機能をオールインワンで可能にするソフトウェアで、IoTの通信手段のひとつとして注目をあつめるgRPCの制御にも対応、これらの機能を組み合わせることでEdgeからセンター側のゲートウェイ、アプリケーションサーバまで安定した通信環境を実現することができます。その結果、お客様はビジネスのコアとなるデータ分析や統計解析計算に集中することができ、安定したインフラを実現することが可能となり、大きくビジネスをドライブさせることができます。

今回は、そのNGINXが持つさまざまな機能や、IoTインフラ基盤での活用に関する事例をご紹介いたします。ぜひこの機会にモダナイズされたIoT環境のデザインについてご覧ください。

■対象
・IoT基盤のアプリケーション開発に携わる方
・IoT基盤のインフラ構築に携わる方
・IoT基盤のセキュリティ担当者

Speakers

松本 央

NGINXテクニカルソリューションアーキテクト

松本 央

NGINXテクニカルソリューションアーキテクト