NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

サイドカーは、Kubernetesポッド内のアプリケーションコンテナと連動する独立したコンテナです。アプリケーションを助ける機能を果たすものと考えることができます。一般的にサイドカーは、サービスメッシュ内のすべてのアプリが必要とする機能(SSL/mTLS、トラフィックルーティング、高可用性など)をアプリ自身からオフロードし、サーキットブレーカー、カナリア、ブルーグリーンなどのデプロイテストパターンを実装する役割を担っています。また、複数のアプリのインスタンスから受け取るログメッセージを1つのファイルに集約してフォーマットするために使用されることもあります。

データプレーンのコンポーネントであるサイドカーは、一般的にサービスメッシュ内の特定のタイプのコントロールプレーンにより管理されます。サイドカーがアプリケーションのトラフィックをルーティングし、その他のデータプレーンサービスを提供する一方で、コントロールプレーンは必要に応じてポッドにサイドカーを注入し、管理タスクを実行します。たとえば、mTLS証明書を更新し、適切なサイドカーに適宜プッシュする、といったタスクを担います。

NGINXはどのように役立ちますか?

NGINX Service Mesh(NSM)において、NGINX PlusはNSMコントロールプレーンによって管理されるサイドカーとして機能します。NGINX Plusは、NSMの無償コンポーネントの1つとして提供されます。水平方向のトラフィックを管理するためのNSMサイドカーとしてNGINX Plusを実行する場合には、ライセンスを購入する必要はありません。

最新アプリのデリバリーを支援するNGINXについてご興味ある方は、お問い合わせください。