NGINX.COM

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

Red Hat + NGINXの価値

NGINXとRedhatは、モノリシックなアプリケーションからマイクロサービスに至るまで、あらゆる環境での安全でスケーラブルなアプリケーション配信を実現すべく、互いの協力関係を深めています。ここではエンタープライズクラスのKubernetes、リリースサイクルの短縮、セキュアなアプリケーションのための統合ソリューションについてご紹介します。

リアルタイムAPI管理とは? NGINXのrtapiツールを使用したレイテンシのテスト

お使いのAPIのレイテンシは30ミリ秒以下を満たしていましたか?もしそうでなければ、マーケットの要件を満たす低レイテンシのリアルタイムAPIとはいえないかもしれません。NGINXのrtapiツールを利用することで、APIのレイテンシを測定し、NGINXがどのようにAPIのリアルタイム応答性の実現に寄与できるか簡単に確認頂けます。

新製品NGINX Controller 3.xの紹介:アプリケーション・セントリックな配信プラットフォームへの進化により、市場投入までの時間を短縮

NGINX Controller 3.0は、NGINX Plusベースのインフラ基盤にアプリケーションセントリックの管理を導入するためにアップグレードされた完全なプラットフォームです。同製品には、 RBACベースのコラボレーションのためのセルフサービスポータル、 DevOpsに最適化されたAPI,ビルトインされた証明書管理システムが含まれています。

NGINX、F5に合流 第一章を終え、続く新章への期待とともに

F5とNGINXの両社は、F5が約6億7000万ドルでNGINXを買収することで合意し、発表しました。 NetOpsとDevOpsの間の「橋渡し」をするこの両社がなぜパワフルな組み合わせであるのか、その理由について、NGINX, Inc.のCEO ガス・ロバートソン(Gus Robertson)より皆様へご案内します。

Announcing NGINX Plus R22

NGINX Plus R22 introduces new features including support for OCSP to verify certificate revocation for mutual TLS, use of multiple OIDC IdPs in a configuration, real-time tracking of request and connection limiting on the NGINX Plus dashboard, and NGINX JavaScript enhancements.

Introducing NGINX 1.18 and 1.19

We announce the latest branches of NGINX Open Source, the stable 1.18 branch and the mainline 1.19 branch. New to the stable branch are dry-run mode for request rate and connection limiting; protection against timing attacks; more support for variable parameters, and more.

Building Application Stacks With NGINX Unit

We show how to build an application stack with NGINX Unit, enabling automated deployment of production environments with custom‑built language runtime versions, libraries, modules, and extensions. The sample app is WordPress deployed in a Docker container.

Announcing NGINX Plus R21

NGINX Plus R21 is more reliable and secure than ever, importing numerous bug fixes from NGINX Open Source. New variable support in gRPC proxying extends dynamic, API‑driven routing policies to gRPC workloads, and the NGINX JavaScript module has been enhanced, particularly with respect to subrequests.