NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

Amazonクラウドでの最適なロードバランサーの選択

AWS Application Load Balancer (ALB)とNGINXオープンソース、レイヤー7リバースプロキシとロードバランサとしてのNGINX Plusの比較情報をまとめました。機能やトラフィックスパイク処理、価格についてなどさまざまな観点で比較を行いました。

リアルタイムAPIのセキュリティの重要性

APIは複数の要素を組み合わせるとセキュリティ攻撃の格好のターゲットになります。 本ブログでは設計からデリバリーに至る開発工程で、WAF、ボット保護、API管理ソリューション、 APIゲートウェイを利用することで、いかにAPIライフサイクルを保護していくか説明します。

俊敏な境界型セキュリティをNGINX App Protectが実現

アプリケーションを保護する上で、イントラネットの周囲にセキュリティ境界を確立することはもはや十分な対策といえなくなりました。今回はアプリケーション単位で周囲に境界を確立するNGINX App Protectの設定方法を解説します。

リアルタイムAPIを実現するソリューション比較

独立系の技術調査会社GigaOmは、NGINXとその他複数のAPI管理ソリューションのパフォーマンスを比較しました。リアルタイムでAPIをデリバリーする上で、唯一有効なソリューションとしてNGINXを検証しています。完全版レポートがダウンロード可能。

QUICおよびHTTP/3対応のNGINXプレリリース版のご紹介

相互運用性テスト、フィードバック、コード提供のために利用可能なプレリリースソフトウェアとして、QUIC+HTTP/3 for NGINXのテクノロジープレビュー版を発表。HTTP/3はTCPをQUICに置き換え、より信頼性の高い多重接続をサポートするよう設計されています。

Dockerを使用したNGINXとNGINX Plusのデプロイ

分散型アプリケーションに必要となる機能を満たした上で、機能開発を継続的にリアルタイムで行うため、Docker HubリポジトリからNGINXイメージを使用する方法と、 DockerコンテナにNGINXを簡単にデプロイするためのNGINX Plusイメージ作成方法を解説します。

高度なアプリケーションセキュリティ新製品のご紹介

NGINX App Protectは、高度なF5のWAFテクノロジーとNGINX Plusのアジリティおよび高いパフォーマンスを組み合わせた新しいアプリケーションセキュリティソリューションです。このソリューションは、最新のDevOps環境が直面する最も困難な課題を解決します。

NGINX Ingress Controller for Kubernetes 1.7.0のリリースを発表

Kubernetes向けNGINX Ingress Controllerリリース1.7.0には、 Red Hat OpenShift Operatorの認証、 TCP, UDP, TCPパススルーロードバランシングのサポート、サーキットブレーカの実装、 NGINX Ingressリソース検証とレポート機能改善などが含まれています。

Red HatとNGINX連携の価値・メリットとは?

NGINXとRedhatはあらゆる環境で安全でスケーラブルなアプリケーション配信を実現すべく、協力関係を深めています。今回はエンタープライズクラスのKubernetes、リリースサイクル短縮、セキュアなアプリケーションのための統合ソリューションをご紹介します。

リアルタイムAPI管理とは?NGINXのパフォーマンス向上サポート

お使いのAPIのレイテンシは30ミリ秒以下を満たしていますか?自社製品のパフォーマンス向上のため、NGINXのrtapiツールを利用することで、レイテンシを測定し、NGINXがどのようにAPIのリアルタイム応答性の実現に寄与できるか簡単に確認・管理頂けます。

NGINX、F5に合流~市場を切り開き成長が加速

F5とNGINXの両社は、F5が約6億7000万ドルでNGINXを買収することで合意し、発表しました。 NetOpsとDevOpsの間の「橋渡し」をするこの両社がなぜパワフルな組み合わせであるのか、NGINX, Inc.のCEO ガス・ロバートソン(Gus Robertson)より皆様へご案内します。

gRPCサポート(NGINX 1.13.10)のご紹介

NGINX Open Source 1.13.10でリリースされたgRPCトラフィックのネイティブサポートをご紹介。NGINXはgRPC TCP接続をプロキシすることができ、gRPCメソッドのコールを終端、検査、転送、暗号化を管理し、gRPCトラフィック負荷分散を実現します。



以下英語版のBlogも御覧いただけます。

※nginx.comへ移動します。



Best Practices for Managing Internal APIs

Internal APIs are the real powerhouse of the API economy. We review some of their key benefits (efficiency and cost savings among them) and outline best practices, which include using an API management solution and high-performance API gateways, and decoupling the control and data planes.

Achieving FIPS Compliance with NGINX Plus

We explain how to run NGINX Plus in compliance with the FIPS 140-2 Security Requirements for Cryptographic Modules standard, which specifies the cryptographic protocols that are accepted by the U.S. Federal government and many other organizations.

Join Us at NGINX Sprint 2020

Save the dates for NGINX Sprint 2020, our virtual user event coming September 15–17. Join us Day 1 for product news, customer stories, and insights from a surprise guest. Day 2 we demo how to build an app infrastructure in just 90 minutes. Day 3 we select the winner of our NGINX for Good Hackathon – it could be you!

Announcing NGINX Plus R22

NGINX Plus R22 introduces new features including support for OCSP to verify certificate revocation for mutual TLS, use of multiple OIDC IdPs in a configuration, real-time tracking of request and connection limiting on the NGINX Plus dashboard, and NGINX JavaScript enhancements.

Introducing NGINX 1.18 and 1.19

We announce the latest branches of NGINX Open Source, the stable 1.18 branch and the mainline 1.19 branch. New to the stable branch are dry-run mode for request rate and connection limiting; protection against timing attacks; more support for variable parameters, and more.

Building Application Stacks With NGINX Unit

We show how to build an application stack with NGINX Unit, enabling automated deployment of production environments with custom‑built language runtime versions, libraries, modules, and extensions. The sample app is WordPress deployed in a Docker container.

Announcing NGINX Plus R21

NGINX Plus R21 is more reliable and secure than ever, importing numerous bug fixes from NGINX Open Source. New variable support in gRPC proxying extends dynamic, API‑driven routing policies to gRPC workloads, and the NGINX JavaScript module has been enhanced, particularly with respect to subrequests.