NGINX(エンジンエックス)|日本公式サイト

NGINXはF5ファミリーの一員となりました。新体制の詳細はこちらを御覧ください。

Cloud Native Computing Foundation(CNCF)は、クラウドネイティブの定義を次のように定めています。

クラウドネイティブテクノロジーは、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドなどの最新のダイナミックな環境で、スケーラブルなアプリケーションを構築・実行することを可能にします。コンテナ、サービスメッシュ、マイクロサービス、イミュータブルインフラストラクチャ、宣言型APIなどがこのアプローチの例です。

これらの技術は、回復力や管理性、観測可能な疎結合システムを実現します。堅牢な自動化と組み合わせることで、エンジニアは最小限の労力でインパクトの大きい変更を頻繁に、かつ予測可能に行うことができます。

NGINXはどのように役立ちますか?

NGINXアプリケーションプラットフォームには、クラウドネイティブな高度なアプリケーションデリバリーを行うことのできる複数のソリューションが含まれています。

NGINXは、さまざまな環境に対応可能で、AWS、Azure、Google Cloud Platformなどのクラウド環境だけでなく、オンプレミス環境とも容易に統合できます。マルチクラウド、ハイブリッドクラウド、またはそのどちらでも、NGINXアプリケーションデリバリープラットフォームとしてお客様をサポートします。

  • ツールの分散・煩雑化を減らし、標準的なサービスの提供
  • 軽量で簡単なソリューションによるコスト管理
  • セルフサービス機能で複数の役割チームを一つにまとめる

クラウドネイティブアプリの配信にNGINXを使用するメリットにご興味ある方は、こちらからお問い合わせください。